2018.01.22,

vol.14 子育て中の共働き家庭にこそDIYをおすすめしたい理由

こんにちは!小山佐知子です。
“共働き子育て家庭の「暮らす」「働く」「(共に)育つ」が叶う家づくり” というテーマで、昨年8月より我が家のリノベーションプロジェクトを連載でお送りしてきました。

昨年11月に無事に引越しも完了し、新生活もすっかり落ち着きましたが、この連載では引き続き「家・家族・働き方」を中心に綴っていきます。

さて、第14回のきょうのテーマはDIYです!

空前のDIYブーム!共働き家庭へのオススメは “ちょこっとDIY”

DIYとは
しろうと(専門業者でない人)が、何かを自分で作ったり修繕したりすること。Do it yourself (自分でやろう)の意味。

前回、我が家のリノベーション工事中に書いた記事リノベーションはこの先もずっと続いていくには多くの反響が寄せられました。

 

「リノベって短い時間で業者さんが魔法のように空間を作り変えてくれるイメージだったけど、自分たちも工事に携わることで愛着が持てるし楽しくなるね!」

「住みだした後も部分的な補修を繰り返して家も家族も変化していくという考えかたが好き!」

 

などなど。
みなさん、ありがとうございます!

最近は100円ショップでもおしゃれなリメイクシート(賃貸住宅の壁でも安心な貼って剥がせる壁紙)が並ぶなど、世は空前のDIYブーム。気軽に自分らしい暮らしを追求できて楽しいですよね。

ただ、日々時間に追われる共働き家庭にとって、DIYはもしかしたら少々縁遠い話題かもしれません。事実私たちがセルフリノベーションしているときもあるママ友からは「ただでさえ忙しいのによくそんなことやってられるよね〜」と呆れられたりもしました(笑)

 

そもそもDIYと聞いてみなさんは何をイメージしますか??

 

日本には “日曜大工” という言葉があり、お父さんの週末の趣味というようなイメージをお持ちの方もいるかもしれませんね。DIYは、やってみると日曜大工のイメージとは全く違いました。日曜大工はちょっと難しそうで地味なイメージでしたが、DIYは、簡単! 楽しい! 達成感を家族と共有できる! という魅力があるのです。

私が最初にDIYを知ったときはアメリカのホームドラマに出てくるような、一軒家まるごと改装!みたいな大掛かりな工事をイメージしました。(セルフリノベーションに近い感じで)

でも、私が実際にDIYをやってみてまず最初に感じたのは「女性でも簡単にできる!」ということでした。

生活の中で感じる「あったらいいのにな」や「このインテリア、もう少し濃い色だったら映えるのに」といったポイントを手軽に実行できるのがDIYの楽しさだと気づいたのです。内容にもよりますが、簡単な作業なら30分くらいで終わるものもあります。

こちらのカフェ棚をご覧ください。夫と私で30分ほどでつくりました。(夫も私もDIY 初心者)

何もなかった壁に棚が付き、急にカフェっぽさが出てびっくり!

実はこの棚、リノベーションで使った無垢の床材(フローリング)の余りを再利用したつくったもの。

以前の記事で、無垢材(天然の木)にこだわりたかったけれど価格も抑えたかったので、問屋さんから直接仕入れてヤスリがけとオイル塗りは自分たちで行ったことを書きました。業者さんにまるごとお願いしていればそんな手間はもちろんかからなかったのですが、自分たちで作業したことで、余った木材を保管していました。

フローリングの板は薄いのでノコギリで簡単に切断可能。棚受け(棚と壁をつなげる金具)はホームセンターで気軽に調達可能です。ネジや部品は誤飲の心配がない子どもなら安心なので、3歳の息子も興味深々で触っていました。

今回のように、気になった部分を短時間で気軽に手直しする作業を、私は “ちょこっとDIY” と名付けてみました。 このちょこっとDIYなら、楽しみながら家族で行うことがでおすすめです。

 

親子で熱中!達成感を分かち合えるのが嬉しい!

ちょこっとDIYは壁の塗装も同様です。以前ご紹介したように、今回のリノベーションでは家中の壁をクロスではなく “塗り壁” にしたのですが、工期の中で未着手だった玄関ドアを今回ちょこっとDIYしました。

中古マンションの場合、玄関のドアや窓、サッシ、電気ブレーカーなどはオーナーが勝手に取り替えることはできません。そのため、室内は新築そっくりなのに玄関ドアだけ古くて浮いてしまう…なんてことも多々あるようです。

我が家も、気になっていた玄関ドアを壁と同じ色で塗り、年季が感じられたドアがきれいになりました!

 ➡︎ 

玄関の壁は何かと汚れやすいので、定期的に上塗りしてあげると常にきれいな状態が保てます。この作業は息子にお任せするとムラもなくローラーで美しく仕上げてくれました。

目に見えて分かる変化には大きな達成感があります。壁を塗る、という単純作業は子どもにとって集中力を高めてくれる作業にもなり一石二鳥

共働き家庭の普段の生活は何かとバタバタ忙しいですよね。だからこそ、休日のDIYは適度に非日常を感じながら家族で一緒にできるおすすめのアクティビティだなと思います。 “ちょこっとDIY” なら30分〜1時間程度でも十分に楽しめて忙しい家庭にはぴったりです!

我が家もこれからもDIY楽しんでいきたいと思います。

きょうもお読みいただきありがとうございました!

Posted by 小山 佐知子

共働き未来大学ファウンダー、ワーク・ライフバランスコンサルタント 【プロフィールはこちら】

関連記事