ライターズコラム

共働き未来大学に関わるライターによるコラム

「フラリーマン」は夫婦双方の権利  そのためには、家事・育児の脱ブラックボックス化を!

こんにちは! プロジェクトメンバー・ライターの今井明子です。 今年の9月、NHKの朝のニュースの「けさのクローズアップ」というコーナーで、「フラリーマン」という存在が特集されました。(番組内容はこちら) 「フラリーマン」 …続きを読む

保育園に預けず働けるって本当? 今大注目の”子連れワーキング”を大解剖!

みなさん、こんにちは! 共働き未来大学プロボノ・編集ライターの山田です。さて、みなさんは『子連れワーキング』という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか? 最近企業でも子連れ出勤という取り組みが増え、その認知度が急激に高まっている働き方で …続きを読む

どうしても年収1000万の暮らしをしたいのなら! 「世帯年収1000万」を目指そう

こんにちは! プロジェクトメンバー・ライターの今井明子です。今回は、これから就職活動をする女子学生や、社会人になりたての若い女性に向けて書きたいと思います。 女性が働くにあたって、どうしても考えなければいけないのは、結婚や出産のことだ …続きを読む

ボシタビ推進委員会 ーなぜママは旅行を諦めてしまうのか?【3】

こんにちは!共働き未来大学キュレーターの吉田さかえです。 前回は、私がボシタビをおすすめする理由の1つ目として、自己肯定感が上がるというお話を書きました。今回はその続きとして、あと2つ、私がボシタビはいいなぁと感じている理由をご紹介したい …続きを読む

2035年正社員が消える? フリーランスのチーム化が変える働き方の未来

えっ? フリーランスがチームを組む? しかも正社員が消えるの!? そう疑問を抱いた方、多いかと思います。でも、ご存知ですか? ここ最近、フリーランスがチームを組み、仕事を請け負うことを目的に「Teamlancer」(エンファクトリー)、「T …続きを読む

共働きこそ! 在宅勤務のススメ 在宅勤務のメリット・デメリットとは?

はじめまして。 ライターの今井明子です。 私は出産前からフリーライターとして主に自宅で仕事をしてきて、今年で6年目。夫は会社員です。 今年になって、夫の会社は在宅勤務制度を始めました。これを利用してみたところ、思った以上にメリット …続きを読む

働き方改革とフリーランス【4】フリーランス×共働き

現代は共働きが当たり前? 今回のコラムでは、“共働き”というキーフレーズからフリーランスを見ていきたいと思います。 国の調査によるとわが国の共働き世帯は1114万世帯(2015年現在)。専業主婦世帯の687万世帯を大きく引き離し、増 …続きを読む

家族軸が定まるともっと固定概念から解き放たれる

前回のコラムでは「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)長寿化時代の人生戦略」のレビューとして、長寿化する100年ライフの生き方や働き方を考えてみました。 個人はより軸とオーナーシップをもって人生をサバイブする時代になると思いますし、 …続きを読む

自分の人生にオーナーシップを持つということー「ライフシフト」より

これを読んでくださっているあなたは、100歳まで生きる自分を想像できますか? 今年2017年3月に厚生労働省が発表した日本人の平均寿命は、男性が80.75歳、女性は86.99歳と過去最高を更新し、日本は超長寿国になりました。100年ラ …続きを読む