学長メッセージ

学長メッセージ

「不確実だけどワクワクする!そんな未来に向けて」

ーようこそ、『共働き未来大学』へ!

終身雇用が崩壊し、一社で長く働き続ける時代は終わろうとしています。

2035年には「正社員」という仕組みが成り立たなくなり、フリーランスなど「雇われない働き方」が主流になるという予測も公表されています。

私自身も2012年からそうした働き方を実践する一人として、また、ライフキャリアの専門家として、これからは一つの仕事やテーマで専門性を磨き続けるよりも、短期間にさまざまな経験をして知識やスキルを枝葉のように発展させていく時代になると感じています。

だれもが同じような人生ステージを生きてきた過去と違い、未来は極めて不確実。
社会から必要とされるモノやサービス、そして職業までもがものすごいスピードで入れ替わり、私たちを取り巻く働く環境は、これからもっと激変しそうです。

ちょっぴり不安もあるけれど、未来は見えないからこそ、ワクワクしていたい。
みなさん、そんな数十年後の未来への準備はいかがですか?

私は未来を明るく照らすためのキーワードに、「家族」があると考えています。
家族のありかた、パートナーシップのありかたがもっと問われるのではないか、と。

好むと好まざるとにかかわらず、 “共働き” が当たり前になる時代。
それにもかかわらず、いまを生きる共働きパーソンをめぐる環境はさまざまな面で厳しいのが現実です。家事や育児の分担・両立、待機児童問題、転勤問題…….。

個人の働き方や、企業の動きは変わってきましたが、私たちが抱える “生きにくさ”  はどこか過去の価値観による囚われが強いような気がしてなりません。

女性の社会進出は加速しても、男性の家庭進出はまだまだ道半ば。
夫の長時間労働等によって家事や育児が妻の負担になる  “ワンオペ育児” の背景には、「子育ては女性がするもの」という価値観が見え隠れしています。

共働きは辛い!子育てと仕事の両立は大変!
そんな共働きのネガティブな側面を変えていきたい。

さまざまな働き方や生き方、チャレンジや事例、再現性に富んだ知恵などをこのプロジェクトから発信していくことで、少しでも社会を変える力になりたい。

私たちが提供する学びは、インプット型の従来の学びのシステムを採用していません。教える・教わるという垣根を超えて、ファシリテータと受講者、あるいは読者が一体となってつくりあげていく、学びのコミュニティプラットフォームを目指していきます。

2017年8月 小山 佐知子