2018.04.26,

【前編】夫婦二人でお出かけしていますか? 絆を強化する “夫婦デート” のススメ

こんにちは、プロジェクトサポーター・ライター、どっちもワーカーの村上杏菜です。

 

子どもが生まれるとパパやママだけで外出する機会が極端に減りがちです。仕事以外で「一人で出かける」のが減るのはもちろん、夫婦2人だけで外出することもなかなかないですよね。不思議なものです、結婚前やDINKS時代には夫婦2人で過ごす時間がたくさんあったはずなのに…。

 

それを裏付けるような興味深いデータがあります。

2015年に株式会社タイムカレントが20〜40代の子育て夫婦2398人を対象に行った「子育て夫婦のデート事情に関するアンケート調査結果」(※)。これによると9割以上が「夫婦2人きりのデート」を「してみたい」と答えたにも関わらず、実態としてのデート頻度で最も多かった回答は「ほとんどしていない」で全体の56.0%、2位以降は「半年間に1回程度」が9.2%、「1ヶ月に1回程度」が8.5%、「1年間に1回程度」が7.8%と続いたそう。

 

なかなか渋い結果ですね。産後クライシスや熟年離婚が増加するのも頷ける気がしてきます…。

しかし果たしてこの数字にどれくらい信憑性があるのか。身近な例で実態を把握すべく、私の知り合いである働くママたち(育休中含む)に夫婦デートの有無や頻度について聞いてみました。

 

「(ホントは)デートしたい」がほとんど

 

答えてくれた10人のうち、定期的にデートがあると答えた人は1人。不定期(年に数回)だけどあるという人は5人。全くないという人は4人でした。…おお、先ほどのアンケート調査の結果とかなり近い数字ですね。

 

定期的にデートがあるという人は、「夫婦の職場が一緒のため2人でランチができる」とのこと。もし職場が違っても夫婦2人の機会を作るようにはしていたと思う、と話していました。そして不定期のデートがあると答えた5人のうち、4人は「夫婦2人の用事の後に」「実家に帰った時に両親に預けて」などのタイミングで「意図せずしてデートの形」があり、残り1人は夫婦共通の趣味を楽しむために、あえてデートの機会を最近初めて作ったばかりだと教えてくれました。

 

一方、「全くない」と答えた4人うち、3人は「したことはないけど、したい」そう。つまり、実際のデートの有無にかかわらずほとんどの人が夫婦デート自体に好意的・意欲的な姿勢があることがわかりました(ちなみに意欲的でなかった唯一の1人は「2人より1人になりたい」と答えていました。その気持ちも私はおおいにわかります)。

 

夫婦デートのメリットとは?

 

多くの人が好意的な「夫婦デート」、そのメリットや魅力は何でしょうか?経験者からはこんな声が挙がりました。

 

  • 「子どもといるとウエストゴムのズボンしか履かないけど、デートの時はきちんとした格好ができるから新鮮」
  • 「奮発ランチで美味しいものを食べながら久しぶりにゆっくり話せたのがよかった」
  • 「週末はいつも家事と育児に追われているので、久しぶりの息抜きになった」
  • 「束の間の休息、という感じで楽しい。夫婦の話題も増える」

 

おしゃれができる、ゆっくり話せる、息抜きができる、というのはよくわかるような気がします。私も定期的な夫婦デートを心がけてきましたが、やはり子ども連れでの外出と夫婦2人とでは質の種類が全然違います。もちろん子どもと一緒の賑やかさや“家族感”も幸福な体験。でも、それとはまた違った雰囲気の時間を夫婦2人で共有することは、慌ただしい共働きライフと長く続く夫婦の関係性に良い影響を与えてくれるような気がしています。

 

しかし現実はアンケート調査の結果や知り合いへのリサーチで明らかになっている通り、半数前後が「夫婦デートをしたいけど実際はしていない」状態。

何が夫婦デートの壁になっているのでしょうか?そして実際に体験している人たちは、どんな風に実行しているのでしょうか?

 

次回【後編】では、知り合いへのリサーチと私自身の経験をもとに、「子どもの預け先」「デートの内容」など、夫婦デートを実行するための具体的なアイデアや方法をお伝えしていきたいと思います。

 

※Vol.16 子育て夫婦のデート事情に関するアンケート調査結果(株式会社タイムカレント)

https://times-current.co.jp/todays/t-vol-16/

Posted by 村上 杏菜

関連記事