2017.11.10,

vol.12 暮らす・働く・育てる を楽しむ家、ようやく完成!

こんにちは!小山佐知子です。
“共働き子育て家庭の「暮らす」「働く」「(共に)育つ」が叶う家づくり” というテーマで我が家のリノベーションプロジェクトを連載でお送りしています。

いよいよ、リノベーション工事も無事に終わりました!第11回のきょうは、ついに完成した新居のようすをご紹介しようと思います。

完成 ➡︎ 引き渡し

こちらが造作キッチンです。ステンレスの天板を採用するともっとインダストリアルで業務用っぽくなるのかな?と思っていましたが、オシャレでびっくり。また、キッチンにはあえて扉を設けずに「見せる収納」にしたので衛生的に食器をしまえます。フライパンや調理器具は「吊す」ことでモノが迷子にならなくて済みそうです。風通しがいい点もお気に入り!

キッチンの壁にすっぽり収まる冷蔵庫。こちらもシルバーで統一しました。

以下がリビングから見たダイニングスペースです。ダイニングテーブルも造作(移動可能)です!

 

新居生活4日目

がらんとしていた新居も、家具や生活用品がそろって少しずつ生活感が出てきました。ダイニングテーブルの照明はモトからのプレゼント。インダストリアルなインテリアが映えます。

キッチンにもモノが増えて生活感が出てきました。横3メートル超なので夫と二人でキッチンに立てます!

リビングの壁面は本棚を設置(こちらも造作、壁のコンクリートに打ち込んでいるので倒れません)。ライブラリーのようなくつろぎの空間をめざして、引越し屋さんの段ボールに入った大量の本をこれから収納していきます!

↑ちなみにハンモックは2箇所設置箇所を設けたので、気分に応じて付け替え可能です。

以下は約3畳半のパウダールーム。トイレと浴室につながっています。カウンター部分はアイロンがけをしたり、メイクをしたり、息子が椅子に座って鏡をみながら歯を磨いたりするマルチスペースとして。

ちなみに、洗面所のカウンター洗面器(手を洗うところ)はショールームでかなり悩みました。

最終的に四角い浅めのものにしました。保育園から帰ってきて手洗いする汚れものが多いのでそれらを一番洗いやすそうなのがこの形でした。(丸いものだと小さめなので難しいかな?と)

 

以下はワークスペース。リビングと離れているので在宅ワーク時は集中できそうです。大人2人が並んでパソコン作業ができるので、簡単な仕事の打ち合わせもここでやれそうです!

 

以下は玄関スペース。土間っぽく椅子を置いています。ベビーカーや車椅子も楽々入れる広さで収納もバッチリ。ちなみにこの部分はもともと主寝室だったので、使用用途があまりなかったバルコニーも玄関に面してガーデニングを楽しめそうです。

 

余談:新居生活10日目、夫緊急入院!

なんと、夫が急きょ入院することになりました(泣)引越し前から痛みだした腰がついに悲鳴をあげ、お医者さんを受診すると椎間板ヘルニアの再発と言われてしまいました。実は引越しの段階でもかなりの激痛でほぼ戦力にはなっていなかったのですが、薬療法もむなしく手術することになりました。

ということで、週明けから夫の入院に伴う一時的なワンオペ育児が始まります!・・・頑張ります。

 

今日もお読みいただきありがとうございました!
無事に我が家のリノベーションプロジェクトも一段落しましたが、この連載は今後も続けていこうと思います。引き続きどうぞよろしくお願い致します。

Posted by 小山 佐知子

共働き未来大学ファウンダー、ワーク・ライフバランスコンサルタント 【プロフィールはこちら】

関連記事