2018.05.10,

vol.15 家族3人 70平米以下でも「ゆったり」暮らす工夫 

こんにちは!小山佐知子です。
“共働き子育て家庭の「暮らす」「働く」「(共に)育つ」が叶う家づくり” というテーマで、昨年8月より我が家のリノベーションプロジェクトを連載でお送りしてきました。

新生活もすっかり落ち着きましたが、この連載では引き続き「家・家族・働き方」を中心に綴っています。

さて、第15回のテーマは都市圏に住む共働き家庭の暮らし方です!

都市圏の中でも特に東京の住まいは世界的にみても狭い!という印象がありますが、そもそも人が住むのに必要な面積ってあるのでしょうか?ふと疑問に思い調べてみたら、国が基準値を出しているのですね!(解説記事としてこちらがわかりやすかったので参考まで)

 

「豊かな暮らし=広い家」という固定観念を捨てて見えたもの

育った環境はその人の考え方や価値観に大きく影響します。vol.2  、vol.4 でも触れたのですが、北海道でのびのびと育った私にとって、戸建であれマンションであれ「家」というのは100平米くらいあるのが当たり前という感覚がありました。

なので、東京の人が70平米台のマンションに家族4人で住んでいる実情など最初は信じられなかったですし、勝手な私の先入観で「東京の子どもはかわいそう」とすら思っていました。今思えばひどい話です。

実際、私が首都圏で家を購入する立場になり、いろいろな面で “現実” が見えてきました。北海道や地方都市とは比べものにならないくらい物件価格が高いこと、そもそも90平米超の物件は少ないこと、など。

結果的に私たち夫婦はさいたま市浦和で築19年のマンション(66平米)を購入したわけですが、住環境や立地はともかく、私個人としては当初この66平米という“狭さ” だけは納得しきれない部分がありました。

でも、幼馴染の建築家モトに「66平米が狭いというのは単なる決めつけ」だと言われて目から鱗が落ち、一緒に開放的な家づくりを進めていくうちに、私の中にあったさまざまな固定観念が払拭されていきました。

リノベーションした家に住んで半年。今では66平米で3人暮らしは決して狭くない!と断言できます。むしろ、ものすごく快適でストレスフリー。豊かな暮らしと家の広さは全く関係ないということを実感しています。

不動産屋さんの言葉でも世間の基準でもなく、自分たち家族の基準・価値観でありたい姿を考えることが心地よく暮らすキホンだと心から思うのです。


リビングダイニングは13畳。「見せる(魅せる)収納」や大容量の納戸でスッキリした空間に。3人家族には十分です。

 

  • 家にいる時間が少ないのに家に多額の住宅ローンをつぎ込むのはばかばかしい!
    夫婦は共働き、子どもは日中保育園(成長したら小学校)と考えると家にいるのは主に平日夜と休日くらい。その時間を快適に過ごせられれば基本OK!在宅ワークも毎日ではないと考えると、家をコンパクトにするほうが光熱費もかからず合理的。住宅購入にたくさんお金をかけるよりも、旅行や外食や息抜きにお金を回し忙しい日常とのバランスをとったほうが賢こそう。

 

  • モノを溜めなければ部屋も気持ちもスッキリ!
    スペースがあるとついついモノを溜め込んでしまうけれど、収納スペースが限られていれば否が応でも整理整頓をします。不要になったモノは売るor 廃棄で断捨離ぐせをつけると気持ちも部屋もスッキリです。

 

  • 収納は基本的に魅せる!
    リビングの壁面ライブラリーや造作キッチンは「見せる収納」にしました。“魅せる” を意識するだけで余分なモノは減り、かつモノがインテリアの一部になるので統一感が出て(生活感は減って)スッキリします。

 

  • 客間はあえて作らない!
    いつやって来るかわからない客人のためにわざわざ1部屋設けるのはムダ。みすみすデットスペースをつくるくらいならばそのスペース分を家族が日常的に使うリビングに充てました。

コンパクトに暮らすという贅沢

子どもがいる家庭では「子ども部屋」の存在も気になるところです。子どもが小さいうちはおもちゃで遊ぶプレイルームとして、そして子どもが小学生になったら勉強部屋に…。でも、これもまた刷り込まれた価値観だったと気づきました。

おもちゃ専用のお部屋などなくてもリビングで十分遊べるし、真夏と真冬以外は庭にテントを置けば恰好の遊び場兼秘密基地に!

 

息子が小学生になれば、造作したワークスペースを活用してもらう予定ですし、中学生になるまで個室は与えない予定なので当面今の間取りで十分快適に暮らせそうです。

今回はスケルトンリノベーションでしたので、最初から66平米でも開放的に暮らせる間取りを自分たちのライフスタイルと重ねて考えていきました。なので、コンパクトでもゆったりとした暮らしができています。

仕事をしていても、暮らしをしていても行動にストッパーをかける固定観念は恐ろしいです。「こうあるべき!」という気持ちを一旦俯瞰して「なんでそう思うんだろう?」と問い直すこと。忙しい日常ですが少し立ち止まって考えてみるのは大事ですね。

ちなみに、庭は購入当初は手付かずで雑草が生えまくりでしたが、夫と協力して人工芝を敷き目隠しにラティスを設置すると第二のリビングになりました!庭も大した広さはありませんがやはり3人家族にはちょうどいいのだと思います。

きょうもお読みいただきありがとうございました!このコラムが何かのヒントになれば幸いです。

Posted by 小山 佐知子

関連記事